将太の寿司2の感想レビューと雑記

将太の寿司2のコミックを買ってきました。
第一期と、全国大会編も読んでいた作品です。
将太の寿司2
「2」では主人公の将太と、
ライバルの佐治の息子達が出てきます。

スポンサードリンク

将太の寿司2の感想レビュー

一巻の表紙を飾っている子は、
佐治の息子の「将太」。
将太の寿司2
若いときの父譲りの、
自信過剰さがそのまま現れています。
しかし、職人としての素質は高い。

今作は、無印~全国大会編とは、
ガラッと変わって、
努力、根性といった要素が、
ほとんどありません。

寿司漫画というより、
「寿司ビジネス」といったほうが、
ニュアンスは近いかも。

二巻の表紙。
この子が前作の主人公、
将太の息子、「将太朗」。
将太の寿司2の感想
彼は偉大な父を持ち、
父が目標で、尊敬の対象。

幼い頃から職人としての教育を受け、
18歳で巴寿司のツケ場にたつ腕前。

将太朗はどっちかというと、
すでに完成されている、
キャラ
という感じを受けました。

佐治の息子の「将太」のほうが、
動かしやすいキャラにみえます。
どっちかというと藤吉に近いかな。

フランスの「SUSHI」と日本の「寿司」という、
グローバルな舞台から始まる続編。

努力や根性といったのを期待していた人には、
肩すかしをくらうかも。

でもこの続編、面白いです!
続きも買っていきます!

参考リンク:将太の寿司2 World Stage

スポンサードリンク

依頼品、フィギュアーツ響鬼 マジョーラ塗装

ご依頼でマジョーラ塗装を、
させていただきました、
フィギュアーツ響鬼が完成です。
フィギュアーツ響鬼 マジョーラ塗装

フィギュアーツ響鬼 マジョーラ塗装

手持ちの響鬼さんと並べてみる。
フィギュアーツ響鬼 マジョーラ塗装

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ