戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

戦隊職人の新商品!
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
恐竜戦隊ジュウレンジャーより、
ダイノバックラーと、
守護獣メダルセットのレビューです。

スポンサードリンク

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

【作品名】恐竜戦隊ジュウレンジャー
【販売経路】プレミアムバンダイ限定
【メーカー】プレミアムバンダイ
【備考】5000個限定生産

ダイノバックラー

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
パッケージからして素晴らしいですね。
当時のデザインを、
可能な限り再現しています。

煽り文句も!
ゲキがいないのは、
肖像権などの問題でしょうか。

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
基本は2013年に海外で発売された、
パワーレンジャー版の「Legacy Power Morpher」と、
同じ金型を使用しています。

そのため劇中のものより、
一回り大きいです。

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
まず感じるのは重量感
ずっしり!あります。
銀色の部分もシルバーメッキ加工で、
ピッカピカです!
撮影台周辺が、
映りこみまくりですw

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
電池を入れ、スイッチを入れると起動音、
メダルを入れて、
側面のスイッチをおすと、
変身音が鳴ります。

側面のスイッチを1秒以上長押しすると、
「恐竜大決戦」版の変身音が鳴ります。

ダイノクリスタル
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
守護獣達を合体、
大獣神を誕生させるために必要なアイテムです。

全部で赤・紫・青・黄・桃の5色がありますが、
赤いティラノザウルス用のみです。

プロップサイズより、
2周り以上小さな仕上がりです。
完全におまけですね。
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
メダル部分もしっかり作られています。

守護獣メダルセット

別売りの守護獣メダルセットです。
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

二重パッケージになっています。
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
この鈍い輝き!ヤバイ!かっこよすぎる!

【ティラノザウルス】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
※ダイノバックラーとあわせて買うと、
ティラノメダルが一枚重複します。

しかし、メダル自体は仕様が違います。
バックラー版はレリーフが大きく、
メダルの淵をつかんでいるのが特徴。
劇中に近いのはバックラー版。

…普通逆じゃないでしょうk

【ジュウマンモス】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

【トリケラトプス】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

【プテラノドン】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

【サーベルタイガー】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

【ドラゴンシーザー】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

スポンサードリンク

【五大守護獣メダル】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー
劇中には登場しませんが、
大獣神に合体する際に映るあの絵柄です。

【裏面(共通)】
戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビュー

メダル自体にギミックはありません。
パワーレンジャー版の、
メダル実物を見たことありますが、
正直、レンジャー版のメダルのほうが、
出来が良く、再現度が高いです。

作りこみが全体的に甘いですね。
てっきりレンジャー版の金型を使ってくれると、
思っていたので、残念です。

戦隊職人 ダイノバックラー&守護獣メダルセットレビューまとめ

ダイノバックラー総評

・出来はパワーレンジャー版の、
流用ということで非常に良い。
・当時のパッケージを踏襲した、
箱デザインが嬉しい。
・金型流用が多いことを考えると、
もう少し価格が抑えられても良かった。

守護獣メダルセット総評

・作りこみが全体的にあまい。
・ティラノの前足やタイガーの耳が、
メダルの淵にかかっていない。

ダイノバックラーはともかく、
守護獣メダルセットに関しては、
「どうしてこうなった」感がものすごいです。

記念品として飾る分には、
ぱっと見は良いのですが、
残念な部分が目立ちますね。

パワレン版のメダルを入手次第、
比較画像を追加したいですが、
気になる方は調べてみてください。

違いに愕然としますorz

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ