こち亀200巻と最終話!ジャンプ流と感想!人情と感動をありがとう!

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」こと「こち亀」が連載40周年とコミックス200巻を持って連載終了になりました。

こち亀200巻と最終話!ジャンプ流と感想!人情と感動をありがとう!

こち亀は大好きな作品のひとつで、コミックや関連商品もコツコツ買っていました。
今回の連載終了はとても残念ですが、秋元先生の次回作が楽しみです!

今回はコミックやジャンプ流など、一斉発売されたものを紹介します。

スポンサードリンク

こち亀ありがとう!

こち亀200巻と最終話!ジャンプ流と感想!人情と感動をありがとう!

コミックを集めていて、「ドラえもん」「あさりちゃん」に並び、我が家の本棚を占領する大好きな作品のひとつ!

こち亀は巻数が本当に多いので、2列ずつにしないとコンパクトに収まりません。

180巻までは全巻揃っていますが、180巻以降はまだ買っていない巻もあるので、これを機会に全巻揃えたいところです。

今回の連載終了のニュースをきいて、まず思ったのは、「連載が終わる日が来るとは」でした。
ジャンプを開けば当たり前のように読めた作品。

100巻以降はキャラ崩壊が若干見られましたが(特に中川)、面白さはブレることがなかったです。

後半は時事ネタを多様に盛り込み、作者の興味の広さや好奇心が良くわかるエピソードが多かったですね。
人情話も感動する話が多く、「おばけ煙突が消えた日」は屈指の名作だと思います。

弟の金次郎との話を描いた「親愛なる兄貴へ…」も好きですね。
好きな話を挙げていくとキリがないです。

連載が終わったのが今も信じられません。
このブログを読むことはまずありませんが、秋元先生40年お疲れ様でした!

スポンサードリンク

ジャンプ流購入!

こち亀200巻と最終話!ジャンプ流と感想!人情と感動をありがとう!

ジャンプ流も買いました!…といっても、実はジャンプ流は定期購入で全冊購入しています。

作家さんの作画風景が見られるのはめったにない機会ですし、製作部屋をみるのはテンション上がります。
こういう企画本は大好きなので、ラインナップを追加して欲しいくらいです!

興味がある人は、気になる作家さんの号だけでも購入してみてはいかがでしょうか!

「こち亀」も面白かったです。
両さんのひげや体毛はこう描いていたのかと驚いたり。
シンプルな仕事部屋は健在でした(数年前「情熱大陸」で放送されました)。

コミック200巻!

こち亀200巻と最終話!ジャンプ流と感想!人情と感動をありがとう!

もちろん「40周年記念特装版」を買いました!
コミックス200巻と、登場キャラをほぼ全員掲載した「こち亀超書(スーパーノート)」の二冊セットです。

どちらも超ボリュームです!
特装版は完売気味ですが、また増刷があると思います。

これを手にしたとき「ああ、本当に終わってしまったのか」と、ちょっと悲しくなりました。

うーん、実感わかないなあ。終わるなんて思いもしませんでした。

また次のジャンプに普通に載ってそうな気がします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ