生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

AIBOや週刊ロビなどのロボアイテムが好きな自分がちょっと気になった玩具、
「生まれて!ウーモ」を買ってみました!
生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

タカラトミーがクリスマス商戦に向けて力を入れている玩具のひとつ!
孵化を中心にへろへろレビューです。

スポンサードリンク

生まれて!ウーモ レビュー

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

商品名 生まれて!ウーモ
発売 2016年10月7日
価格 8,800円(税抜)
メーカー タカラトミー

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

タマゴには種類があり、タマゴの種類につき2カラーのウーモが生まれます。
タマゴの種類は選べますがどちらのカラーのウーモが生まれるかは生まれてみないとわかりません。

【公式動画】

早速孵化させてみた

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

中身を取り出して底面のピンを抜くとすぐおしゃべりが始まります。
底面をやさしく持って暖めるとさまざまな反応をしてくれます。

暖めるのをやめると即スリープモードに。
いつの間にか孵化してしまったというのを避けるシステムだと思われます。

タマゴをノックすると内側からノックし返してくれます(音で)。

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

こんな感じで光ったり歌ったりしてくれました。
目の色も感情によってさまざまに変わります。

こうやってみると、タマゴのリアルな割れ口を再現するために切込みが入っているのがわかりますね。

素材にも実際のタマゴの殻を使っているそうです。
質感もリアルなのはそのせいですね!

暖めたりなでたりしていると大体20分~くらいで音楽が鳴り、孵化が始まります。

タマゴの中でウーモが回転し、くちばしを伸張させてタマゴを割ります。
この間も暖めたり、なでたりし続けましょう。

手を止めると即サボりますスリープモードへ。

スポンサードリンク

うまれた!

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

孵化行動から30分~かけて、ほぼ孵化しました。
自力でタマゴから出ることはできませんので、タマゴの殻をはずし、底面をもってウーモを出してあげましょう。
※結構硬いので、ウーモを出すのは保護者様が行うのがよいでしょう。

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

なかなか愛嬌があるデザインだと思います。
目の輝きがすごい綺麗!

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!

ピッカピカに光ってなかなかいい感じ!

孵化後、ウーモはベビー→ジュニア→キッズと成長し、いろいろな遊びを覚えます。
成長しきった後もリセットできるので何度も楽しめます。
(孵化は最初の一回のみです)

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!まとめ

生まれて!ウーモ レビュー 中身が気になる&クリスマスに!
【良かった点】
・孵化という生まれる前のプロセスを体験できる斬新さ。

【気になった点】
・価格が高め。

これまでいろいろなペットロボット玩具が出ていますが、「うまれる」のを体感し友達になるという発想は斬新です。
お子さんにとっては愛着もわくのではないでしょうか。

そのまま商品として渡すより、何気に庭にタマゴが落ちていたという演出でプレゼントするのも楽しそう!
メディア展開がはじければヒットしそうな玩具です。

ただしよくも悪くも「孵化する」ことに重点を置いた玩具。

最初の1時間足らずで商品の最大の特徴を消化してしまう点や、それに見合う価格帯なのかは、賛否ありそうですね。

クリスマスのプレゼントとしては大いにお勧めできる一品です。

詳細:>>うまれて! ウーモ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ