ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

ポケットモンスター 映画/劇場版 キミにきめた!がついに7月15日封切りされました!

ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

早速観に行ってきたので感想を書いてみようと思います!

※ネタバレありなので、まだ観ていない方は自己責任でご覧下さい!

スポンサードリンク

ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

まず素直な感想。

「絶対観にいってほしい!!」

完全に泣かせにきてました。

初期からのファンも、最近ポケモンを好きになった人も十分楽しめる内容です。

サトシとピカチュウの絆がほんと良かった。

ピカ様の涙にもらい泣き不可避だったよ・・!

EDも油断してると泣きます・・。゚(゚´ω`゚)゚。ピィー

以下ネタバレポイント。
・舞台は無印のサイドストーリー。
・ライバルキャラ「クロス」
・心の弱さを見せるサトシとマーシャドー
・リアリティを重視した描写。
・ピカチュウ・・まさかの・・しゃべれ・・

舞台は無印のサイドストーリー

大まかな舞台設定として、初期のストーリーの改編+αになります。

タケシとカスミと出会う前もしくは、存在しない時間軸になりますね。

アローラ地方のポケモンはでてきますが、メガシンカは出てこなかったので、違和感はなかったです。

20年前はホウオウをサトシが見てそのままでしたが、今回は正面きってバトルを果たしたことでやっとストーリーが回った感じがしました。

ライバルキャラ「クロス」

本作のライバルキャラ。

ヒトカゲを捨てたトレーナーがこのキャラに変更されていました。

「強さ」に対する信念はシンジのオマージュですね。

ホウオウの羽根をサトシから強引に奪ったりします。

相棒のルガルガンが洗脳された時は必至に食い止めたりと、サトシとの出会いやバトルを通じて変わっていきました。

心の弱さを見せるサトシとマーシャドー

ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

今のサトシなら絶対言わない台詞や感情が表現されていて、まだ旅にでたばかりという初々しさがありました。

そして「サトシのバトル=ポケモンと友達になりたい!」という形がどうやってできたかというのもみられて良かったです。

そんなサトシの影に潜り込んでいるマーシャドー。

マーシャドーの目的はホウオウに近づこうとする人間を悪として、影から誘惑したり、バトルにて排除すること。

周囲のポケモンを操って襲い掛かってきました。

タイプはゴースト・かくとう。

今回はタイトルにポケモン名がでてなかったので、劇中に登場するか疑問だったのですが、しっかり登場してきました。

スポンサードリンク

リアリティを重視した描写

今回はポケモンの死や、バトルでぼろぼろになるポケモンの描写など、リアリティを感じる描写が多かったように思います。

レントラー・・・゚・(ノД‘;)・゚・

無印で知っていたとはいえ(改編はいってますが捨てられるのは同じです)、捨てられるヒトカゲがかわいそう過ぎてこの歳になると涙腺が・゚・(ノД‘;)・゚・

マーシャドーがみせた「ポケモンのいない世界」もなかなか衝撃でした。

ごく普通の世界といえばそうなのですが、知らない世界のように感じました。

今作はマンネリと言われつつあったポケモン映画の中でもかなり挑戦、冒険をしていますね。

ピカチュウ・・まさかの・・しゃべれ・・

マーシャドーとのバトルで満身創痍のサトシとピカチュウ。

サトシはピカチュウを守ろうとモンスターボールに入れようとしますが、いつものように入ってくれません。

その理由をピカチュウが言葉にします。

“いつも一緒にいたいから”

くそ・・反則だよ・・(涙腺決壊)

本当にしゃべったのか、心の声なのかはわかりませんが、ピカ様が言葉を発したというのは本当に尊過ぎた・・。

グッズ購入

映画をみてまんぞくさんになったその足でポケモンセンターにいってグッズ購入!

ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

☆ぬいぐるみ
ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ
ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

☆写真立て
ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

☆大型バッグ
ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレ

その他色々買ってきました!

ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!感想 ネタバレまとめ!

  • ポケモン 映画/劇場版 キミにきめた!が7月15日から公開!
  • 無印時代を舞台に、改編が加えられたサイドストーリーに仕上がっています。
  • サトシのバトルへの考え、ピカチュウとの絆、人とポケモンの絆、感動する良作です!

無印が好きで好きでたまらない人には抵抗を感じる箇所があるかもしれない映画ではありますが、概ね楽しめました!

マーシャドーの立ち位置や目的がちょっとわかりづらいところがあったかもしれないですね。

登場回数や時間は十分だったのですが。

サトシとピカ様の絆に泣きたい人は是非観にいってみてください!

ココだけの話、実際に観るまで脚本家さんが不安だったのは内緒です・・w

アニメだと面白いんですが、特撮だとウ~ンな感じなのが多い気がして(個人感想)。

今回はなぞらえる部分が大きかったからか、気になるようなことはありませんでした(笑)。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ