楽天銀行の口座凍結の解除方法。金融庁へ連絡を。

学生時代からのネットバンクとして、楽天銀行(旧イーバンク銀行)を使っていました。
楽天銀行
長いこと使っていたのであまり気にしていなかったのですが、突然の口座凍結!

調べてみるとかなり凍結者が多いみたいです。

楽天銀行の口座凍結の理由と解除方法を体験談と一緒にメモしておきます。

スポンサードリンク

[milliard]

事前連絡無しの凍結

先日、給料の一部をおろしたところ、突然楽天銀行から「口座を凍結しました」のメールが。

びっくりして楽天銀行に問い合わせ。

システムで不正取引と判断されたので、凍結したとのこと。

給料の一部をおろして不正取引?は?です。

ちなみに凍結の原因と噂されているオークションの類はしていません。

プラモやガレージキットの制作手伝いの振込み先として、数ヶ月に何度か使う以外は給与振り込み口座として使っていました。

どうやら「個人名義の口座で、不特定多数の相手、特に個人口座からの振り込みの件数がやたらと多い口座」が凍結対象のようですが個人からの振込なんて月に多くても5件程度です。

確かにワンフェス後の8~9月や3~4月は制作依頼もちょっと出てきます。

強いて「不特定多数の振込」として、凍結理由を挙げるならそこかなと。

それでも3~5人が良いところです。

すぐに解除を申し出るも「審査するので取引履歴を郵送で送れ」とのこと。

その間残っているお金は出金できません。

完全に人質状態。

理不尽さを感じながらも取引履歴(給与明細)を送り、しばらく待つことに。

金融庁への連絡はと解除への流れ

その間、金融庁にも連絡しました。

あまりに一方的な対応に納得できませんでした。

金融庁ができることは、対象の部署への通達のみで解決に繋がるところまでできるわけではありません。
あくまで事実を伝える感じでした。

そのとき、
・生活費(仕事)で使うため非常に困る。
・事前連絡無しの凍結で解約もできないのは困る。

事は伝えました。

緊急性がある場合はその旨も伝えたほうがよいと思います。

その後、金融庁からも斡旋があったようで、取引履歴の郵送後一週間ほどで解除の連絡がきました。

金融庁の方も「問い合わせがとても多いんです」と仰ってました。

無事解除されましたがもう怖くて使えません。

数百万ならまだしも十数万、生活費として十分にありえる金額です。

急遽、他のネットバンクに口座開設依頼申し込みをしました。(実店舗があるネットバンクだとより安心です。)

友人が資産運用にも役立っているとのことでひとまずこれ↓



まだはじめたばかりなんですけど、色々キャンペーンがあってリターンが大きい!気がする。
とりあえず凍結とかよりはずっとマシなので、使い勝手がよさそうならこのまま使う感じ。

資産は分散して貯蓄しましょう。

今回の件で楽天銀行はもう使わないことに決めました。

今回は無事解決しましたが、次回以降変に疑われて似たような手続きをとるのも手間ですし、はっきりいって不快です。

信頼のある銀行でも1つの銀行に財産を集中させるのは危険だというのも感じました。

凍結くらうと生活も回らなくなるので、資産は分散させて貯蓄したほうが良いと思いました。
(堅実な人は既にやってると思いますが…甘かった・゚・(ノД`;)・゚・)

メインバンクはゆうちょ銀行、三大メガバンク、都市銀行が良いですね。

ネットバンクはあくまでサブバンク扱いが無難かと思います。

楽天銀行の口座凍結の解除方法。金融庁へ連絡を。まとめ

  • 楽天銀行の口座凍結が事前連絡なしに発動しました。
  • 多くても月5回ほどの個人振込の他、給料の受け口として使用していた程度。
  • オークションの類は不使用。
  • 凍結時は、すぐ連絡し、金融庁にも報告しましょう。

イーバンク銀行時代から、愛用していましたが、今回で解約しました。

口座にお金を入金するときも手数料かかったりしてたので、もっと早く情報を集めて決めるべきでした。

正直、電話時の銀行員の対応も良くありませんでした。

凍結者=不正取引の犯罪者のような決めつけ対応が本当に不快でした。

スポンサードリンク

関連記事

One Response to “楽天銀行の口座凍結の解除方法。金融庁へ連絡を。”

  1. […] いろいろネットで調べると、楽天銀行って平気に人の口座(主に個人口座だが)凍結しちゃうようです。凍結の基準判断含めてその後の対応もずさんであることも指摘されている。2ちゃんねるとか、こちらも話題になっている。特に「折り返し電話します」と約束してくれても、やっぱり電話をくれない、こっちから電話しないと物事進まないというのはまったく一緒。最悪の場合、この方のように、生活費として使っていた楽天銀行に一方的に止められたこともある。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ