ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットレビュー

衣替えと倉庫整理をしていたら発掘しちゃいました!
ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットレビュー
ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットです!

1985年の商品ですが、最近ではスマブラ3DSの隠しキャラになったりamiiboにもなったりしているので、認知度はそこそろあるのではと思います。

画像記録代わりのめもレビューですがどうぞ!

スポンサードリンク

[milliard]

ファミリーコンピュータ ロボット

ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットレビュー

品名 ファミリーコンピュータ ロボット
発売日 1985年7月26日
価格 9,800円

ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットレビュー

画面上から送信される光信号を直接ロボットの目で受け、内蔵モーターによって動かします。

単体では遊ぶことができず、別売りの「ジャイロセット」「ブロックセット」に付属の専用ソフトが必要です。

単体の主電力は単3型乾電池4本になります(底面より設置)。

ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットレビュー
腕は常に前方に突き出した形で、胸部と連動した設計です。

可能な動作は胸の垂直移動、水平回転(5段階)、腕の開閉です。

これによりブロックやコマを操るといった動作をします。

今回の発掘品は箱の痛みは大きいものの、内箱、説明書も残っており、本体も綺麗で通電できました(動作確認はまだしていません)。
ファミリーコンピュータ ロボット/ジャイロ/ブロックセットレビュー

当時はかなりユニークな商品だったのですが、先取り過ぎたのと、ゲームそのものの内容の薄さにより、スーパーマリオブラザーズによるファミコンブームが来る前に姿を消してしまいました。

何が凄いって、当時の技術力と定価9.800円というコストで「一切ケーブルが繋がらないで自動で動くロボット」を発売してしまう任天堂。

凄過ぎる…!

動作確認をしたいのですが、光信号を受け取る関係上液晶テレビでは動作しないため、ブラウン管テレビが必要なのでできませんでした。

こういったレトロゲームを今でも遊べるようにするためにも、ブラウン管テレビは持っておかないといけませんね・゚・(ノД`;)・゚・

ファミリーコンピュータ ロボット ジャイロセット

後日レビュー予定

ファミリーコンピュータ ロボット ブロックセット

後日レビュー予定

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ